1. TOP
  2. 食べ過ぎた!その食事を脂肪にさせないためのたった2つのポイント!

食べ過ぎた!その食事を脂肪にさせないためのたった2つのポイント!

忘年会にクリスマス、年末年始に新年会とごちそうを食べたりアルコールを飲んだりすることが増えるこの時期。どうしても食べ過ぎ、飲み過ぎてしまい翌日罪悪感を感じてしまったという経験はありませんか?

楽しかった、美味しかったでも、それと引き換えに体にはたっぷりの脂肪がついてしまう!いいえ、ご安心ください。食べ過ぎてからは48時間が勝負!なぜならすぐには体脂肪にはならないからです。今ならまだ間に合いますので、食べた食事があなたの脂肪になってしまうのをできるかぎり防ぐ方法をお伝えします!

排泄のゴールデンタイムを利用する

時間栄養学的には、ヒトの体は午前4時から昼の12時までは排泄をする生体リズムになっています。これをうまく利用しましょう。

朝は無理に食べない

普段から朝食を摂る習慣がある方は、朝起きて胃がもたれていたり、少し食欲がなかったとしても、いつもの習慣で、または食べないと体に良くないから、といった理由で朝食をしっかり摂らなきゃと思うかもしれません。しかし、体が欲しがっていないのであれば無理に食べないようにしましょう。いつも以上に食べたり、飲んだりしたあなたの胃腸はとても疲れています。暴飲暴食した次の日の朝は、胃腸に余計な負担をかけないようにしましょう。

水分を多く摂って排泄を促す

食べ過ぎた翌日は、お腹が出てるし、顔も大きくなっているし、体が重い。脂肪が増えた!と絶望するかもしれませんが、それはただむくんでいるだけです。体を温め、水分を摂ることで体に溜まっているものを外に排出しましょう。ここで飲むのは冷たい水ではなくて、白湯です。朝起きたら白湯を作り、ゆっくりコップ2杯程度飲んで体を温めましょう。そうすると内臓から体が温まり、寝ている間に活動が低下していた胃腸も活発に動き始めます。まずはトイレに行ってスッキリしましょう。

しかし、食べ過ぎた翌朝のトイレで出てくるのはその前の日か前の前の日の食事です。昨日食べ過ぎた食事を速やかに消化して排泄するために、消化器官にはまだまだがんばってもらわなくてはなりません。そのために、腹巻きやホッカイロなどでお腹(内臓)を温めて一日を過ごしましょう。

エネルギーを作り出す

食べ過ぎたものを脂肪にしないためには、エネルギーとして燃焼させる必要があります。体がエネルギーを作り出しやすいようにしてあげましょう。

代謝に必要なものを補う

三大栄養素と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質は食事から摂って、使われなかった場合、全て体脂肪として体に蓄積されることになります。これらをできるだけエネルギーとして使うためには微量栄養素と呼ばれるビタミンが必要になります。昼食時には消化に良いものとビタミンB群を補いましょう。

まず、炭水化物(糖質)をエネルギーにするためにはビタミンB1が必要です。また、アルコールを代謝するためにもビタミンB1は使われるので、食べ過ぎたし飲み過ぎたという方は体内のビタミンB1が足りていない状態にあります。ビタミンB1は玄米、胚芽米などの精製していない穀類や豚肉などに多く含まれています。しかし、昨日の食事をなかったことにしたいという方は迷わずサプリメントで補いましょう。ドラッグストアやコンビニなどでも手に入ります。ビタミンB群のサプリメントには糖質の代謝に必要なビタミンB1、脂質の代謝に必要なビタミンB2、タンパク質の代謝に必要なビタミンB6が全て入っていることが多いです。表示を確認してから購入しましょう。また、サプリメントは単独で飲むよりも食事の際に摂った方がより吸収されやすいので昼食は軽めの食事とビタミンB群のサプリメントを摂るのがおすすめです。メニューは野菜スープや湯豆腐などがベストです。

酸素を吸う

脂肪を燃焼する、エネルギーを燃焼するというように、私たちの体は細胞内で酸素を使ってエネルギーを燃やしています。つまり、体の中に十分な酸素がない状態だとエネルギーを作る効率が良くありません。デスクワークをしていたり、前かがみで姿勢が良くない方は普段から呼吸が浅く、酸素不足に陥っている可能性があります。背筋を伸ばして深呼吸を繰り返しましょう。鼻から吸って数秒息を止めて、口から吐き出すと十分に深い呼吸ができます。

また、有酸素運動と呼ばれる、ウォーキングや自転車などの運動がとても効果的です。消費カロリーを増やしてエネルギーを燃焼させるという目的ではなく、酸素を吸って全身に届けられるという目的で非常に有効になります。酸素濃度は少しでも高い方がいいのでできれば緑があるところが良いですね。自分が心地よいと思うペースで20分程度歩くと全身に酸素を届けられ、エネルギー産生の効率が上がります。

活動量を増やす

食べ過ぎた翌日、今日だけはたとえ変な人に見られたとしても無駄な動きを心がけましょう。骨格筋は体の中で一番エネルギーを使ってくれる器官です。デスクワーク中でも、背筋を伸ばして肩甲骨を動かす、無駄に腕を上げ下ろしする、太ももの内側に力を入れて足をくっつけるなど常に筋肉を動かすように心がけましょう。

暴飲暴食した次の日は罪悪感を感じていたという方も、一日の過ごし方を少し工夫するだけで体をいたわってあげることができます。あなたもこれを機会に体に負担のかからない食事の仕方を取り入れてみてはいかがでしょうか?

罪悪感を感じるのは二日酔いだから?

あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

ヘルスリズム|大切な人のための栄養学の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ヘルスリズム|大切な人のための栄養学の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ヘルスリズム編集部

ヘルスリズム編集部

ヘルスリズム編集部です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたは足りてる?日本一わかりやすいビタミンの話

  • 期待度特大!【ぼくらの勇気~未満都市】再放送が見たい!

  • 【疲れがとれない人に】ビタミンB1の効果・効能「ちゃんととるコツ」まとめ

  • 【大損!】貧血がもたらす人生の機会損失はなんと◯◯パーセント!?

関連記事

  • 【大誤算!】あなたの便秘が治らないのは間違った食物繊維の摂り方のせいだった!

  • 【保存版】大切な人が骨折したときの栄養学「絶対早く治してあげる!」

  • 【たったコレだけ!】10分で解消!足のむくみをとる方法のまとめ

  • 【注目!】あなたに合う便秘解消法はコレ!まずは便秘の原因をつきとめて!

  • 【損してる!】このまま一生かゆみと戦い続けるの?アレルギーの人に足りない栄養素

  • セレブ大注目!【美のミネラル・ケイ素】が凄すぎる理由